背中ニキビを知る

出来る原因

ニキビが出来る原因とは、何でしょうか?
この問いかけに対しては、まずは「若さだよ」という答えが出来ると思います。ニキビは、潤いと脂肪分とがタップリと分泌され、柔らかくツヤツヤした肌に出来やすいものです。
皮膚のすぐ下に皮脂がたまり、出口のないままプックリと腫れたように膨らんでしまうのがニキビ。ポツリと赤く染まったそれが、頬や額、顎などに出来るのが一般的です。
子どもたちは比較的顔の上の方、額や頬にニキビを作りやすく、いわゆる「大人ニキビ」と呼ばれるものは顎や首筋といった下部に出来やすいと言われています。
顔のスキンケアをする場合には、そのあたりのことも考えて行う必要があるでしょう。

背中のニキビの原因としては、必ずしも若さだけが原因ではありません。
現在では、例えば「食生活」であり、「寝汗」であり、「シャンプーの洗い残し」であり、「ストレス」であり……というふうに、原因は解明されています。
甘いお菓子を大量に食べて糖分を摂り過ぎると、それが原因になります。寝汗をかくと背中の肌が傷んで、これまたニキビの原因に。
ストレスから顔にニキビが出来てしまう人もいますが、それが背中にあらわれることもあります。

厄介なのはシャンプーの洗い残し。髪を洗ったシャンプーが背中に流れ落ち、拭き取られずに微妙に残って背中に悪影響を与えるということがあるのです。
シャンプーは髪や頭皮を洗い、清潔にするのに役立ちますが、洗ったあとはしっかりと落とすことが大切です。その場限りで髪や頭皮をキレイにすること。それがシャンプーの役割であり、あとに残しておくとお肌にあまり良いことにはならない場合があるわけです。
背中のニキビは、まさにそういった成り立ちで発生するものであると言えます。

これらの原因を見ても分かるように、背中のニキビが出来ないようにするためには、日々の生活の細かいところを、もう一度見なおしてみる必要があります。