私たちの心掛け

背中の洗い方

ニキビが出来るのは、毛穴に皮脂がつまり、出ていくことが出来ずに小さな腫れになってしまうからです。ですから、一番大事なのはニキビが出来そうなところから皮脂を取り除くこと。
洗顔をきちんとやれば顔のニキビは出来なくなりますし、身体をきちんと洗えば首や胸や肩、背中のニキビを発生前に抑えることが出来ます。

背中を洗うときにまず心がけるべきことは、「優しく洗う」ということです。イメージとしては豆腐を扱うかのように……というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、とにかく身体を洗うときにやたらとゴシゴシやるのはNGなのです。
確かに一見、ゴシゴシ洗うのはよく汚れを落とすために必要だと思われるかもしれません。汚れを一片ものがさず、バッチリこすり落としているような感じがするでしょう。
しかし、実際は、ゴシゴシ洗うことによって肌が傷ついてしまうことにもなるのです。目には見えない傷つきではありますが、傷はないに越したことはありません。

また、確かに余計な皮脂を落とすことがニキビの発生を抑えるのには有効ですが、何でもかんでも背中にあるものはこすり落としてしまえ!というわけではないのです。
ニキビが出来ないように心がけるべきことには「保湿」がありますが、保湿というのは言うまでもなく水分を肌に残し、それを保つということ。
皮脂がたくさん出来て、しかも乾燥したところにニキビは現れます。皮脂を落としつつ、保湿のための水分や油分まで落としてしまわないようにする必要があるのです。

また、身体を洗うために使うボディソープや、石鹸についてもきちんと選ぶ必要があるでしょう。大事なのはソフトさ、優しさであり、「低刺激」の製品が最適とされています。
性質としては「弱アルカリ」を選ぶといいでしょう。タオルでこするというよりは、立てた泡で洗うといった感じで優しく、フワッとやるのがコツです。
まずはスポンジの上に石鹸をこすりつけ、タップリと泡を立てましょう。
そこから、背中のニキビを防ぐ取り組みは始まるのです。